FlickStep.Net

iPhoneとかMacとかマラソンとかトレランとかつけめん!?とか

自転車

ロードバイクをいじくってみよう SPEEDPLAY ZERO CHROME-MOLY V.2 ① 買ってきた

投稿日:

Thumb

SPEEDPLAY ZERO CHROME-MOLY V.2

 

SPEEDPLAY / ジェイピースポーツグループ / スピードプレイ 日本オフィシャルサイト

世の中にビンディングの種類はいくつかありますが、SPEEDPLAY ZEROはちょっと趣が違う。

 

 

SPEEDPLAY / ジェイピースポーツグループ / スピードプレイ 日本オフィシャルサイト

SPEEDPLAYの基本シリーズZEROを選択しました。
より脱着をしやすいULTRA LIGHT ACTIONというシリーズもありますが、調整ができる標準モデルのZEROを購入。

シャフトの材質の違いで、クロモリ/ステンレス/チタンとありますが、これも予算的にクロモリで。

昨年末に円安から値上げされていたのですが、たまたま今回購入したのは値上げ前の在庫品だったのか、以前のお値段で購入できました。 
ほかの店舗でも同様の値付けがされていたものもあったので、もしかしたらまだけっこうあるのかもしれません。 

 

 

Thumb

 

 

 

Thumb

ぺろぺろキャンディーとも呼ばれるペダル。

 

 

Thumb

ペダルレンチだけしか取り付けできないと思っていたのですが、8㎜アーレンキーでも可能でした。
先日工具を買い直しておいてよかった。
※ステンレス/チタンも同様かは未確認 

 

 

Thumb

ペダルに対してシューズ側に取り付けられるものがクリートと呼ばれます。
このSPEEDPLAYのクリートも各社のクリートと違ってかなり複雑な機構を持ってます。

簡単に言うと。
他社のビンディングは、ペダル側にロック/解除の機構があります。
その分クリート側は単純な形なものだけで、動いたりするものはありません。

SPEEDPLAYはまるまるその機構が反対で、クリート側に脱着の仕組みがあります。

 

 

PD-9000

SHIMANOのSPD-SLペダルですが、こちらの分解図にクリートの図面がありますが、SPEEDPLAYと比べてもっと単純になっているかと。

 

 

 

 

Thumb

クリートを分解しました。
左からシューズ側になります。

 

 

Thumb

SPEEDPLAYで肝になるのが、こちらのCリング。

丸いペダル側との脱着をこちらでコントロールすることになります。
はめるときは、Cリングが開き、外すときはねじりますので、ロック部分からずれて外れるという機構のようです。

このCリングですが、けっこうがっちり固定されてます。
さび止めのグリスがしっかりと散布されているので一度拭き取りドライ系ルブを使う方がゴミつまりを予防するためにもおすすめです。

 

 

Thumb

Cリングの出っ張り部分のところに★マークがあります。
★が見えているのが表側。シューズに取り付けるときにこの★マークが見えることが重要です。
※色々調べてみると、こちらを反対側にしてしまっていてシューズがロックできないというひとがちらほら。

イモネジが見えますが、”Heal In”と”Heal Out”とあります。
こちらので、ビンディングにシューズをロックしたときの踵の振れ角を調整することができます。 

他社のクリートは、クリートの種類でこの振れ角を選択する形ですが、SPEEDPLAYのクリートは内側/外側への調整が無段階で可能となります。 

内側/外側への調整が個別にできるのがポイント。

 

 

Thumb

スペーサーの裏面(シューズ側)は、このようになっていて、青色のパーツがシムになってます。
シューズによって、このシムを使い分けます。
ちなみに、スペーサー本体に取り付けてあるのが”5”で、右にあるのが”6”のシムになります。

早速シューズに取り付け、と思いますが、このSPEEDPLAYある問題が発生することが多いようですので、そちらをきちんと説明しながら記事にしたいと思います。

ぼくはなにも問題が起きませんでした。
せっかく購入したSPEEDPLAYが使えなくて泣いている人は参考にしてほしいです。 

長くなるので、次回に…

 

 

 

 

つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も
もしよろしければRSS リーダーの登録をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

-自転車
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そういえば ZIPP SL SPLINT STEM 90㎜ 12°に交換しました。

ステムは以前から交換したいと思っていたのですが、これというのがなく伸ばし伸ばしにしてました。         つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れ …

ロードバイクをいじくってみよう 10速化への道⑤ SHIMANO FC-5750 ホローテックⅡ コンパクトクランク SM-BB5700

さて、今度はBBとクランクを取り付けよう♪ つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろしければRS …

ロードバイクをいじくってみよう RIDLEY HELIUM 2015 ① フレームセット購入

RIDLEY / ジェイピースポーツグループ / リドレー 日本オフィシャルサイト  そう言えばRIDLEYと言えば東堂尽八くんでしたね。     つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありが …

no image

ロードバイクをいじくってみよう GARMIN Bike Speed Sensor and Cadence Sensor ① 準備編

さらにQuick release kit(forrunner 910XT)         つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブ …

SRAM RED eTAPを組みましょう② Front Derailleur

取り回しがめんどくさければ無ければいいじゃない。   コメントへの回答になります。SRAMのスモールパーツは国内販売店でも取り寄せ可能です。 SRAM eTAP フロントディレイラー スペアパーツキッ …

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ