FlickStep.Net

iPhoneとかMacとかマラソンとかトレランとかつけめん!?とか

プラモデル

そういえばA-5カッターマットサイズ工作台を制作いただきました

投稿日:

P1000261

素晴らしいものをありがとうございました!

 

 

 

 

 

ずいぶん前からTwitter上で気になるものが流れていました。
はじめて見てからメモなりしてなかったのでけっこうな期間を見逃していた(半年どころではない)

当時フォローし損ねてしまい手に入れるチャンスを逃すことに。

 

 

P1000262

6月の上旬に偶然@mellpapa1さんがtweetしておられるのを見て、本作工作台(A-5カッターマットサイズ工作台)を制作いただけるとお話されているじゃないですか。

今度こそ逃してはならないと、早速お声掛けし制作いただけることに。

ただただありがたい。

ちょっとした工具を入れておけるものを物色していたこともあるのですが、この工作台として作業スペースを嵩上げしできるというのも非常に惹かれました。
(ずーっと品番に使う工具を袋に入れていた…)

 

P1000263

サラダプリッツもぴったりたくさん入ります!

すみません。ちょうど良さそうなサイズのものがテーブルに上にあったので入れてみました。

 

 

P1000264

さらっと画像を流していますが、このスライドトレイ。すごい。いやすごい。
実際に工具等を入れる場所にはコルクを貼っていただきそこもこだわりがすごい。

すごい。

 

 

P1000266

そしてスルスルとスライドするスライドトレイすごい。

 

 

P1000267

お試しに工具を入れてみました。
スライドトレイに置くのはカッターやペン関係がいいかなー。

そして細字油性マッキーそこにあったか(探していた)

 

 

P1000269

そして小口の処理のすごさを見て。

 

 

P1000270

お願い見て。

ただ箱状に組んだものとかじゃないの。なんて言えばいいのか語彙力ないのですごいとして言えない。

工具をしまって引き出しを閉めればどこから開けるのかわからないくらいの精度。
そして引き出してみれば高級な桐箪笥かと思えるまったくがたつくこなくスルスルと動く。

ただただありがたい。

今回思い切ってお声掛けして製作してもらうことになりましたが、相談させてもらってよかった。

今回製作をお願いするにあたり、@mellpapa1さんがお話されていましたが、確かに制作費用をお渡ししておりますが、けして販売しているのではありません。

昨今、お金出したからいいだろ。とか、原材料費分でいいだろ。とか信じられない言葉を発する人間がいますが、駆逐されればいい。

失礼しました。

もっと言うと、「自分でも作れる」とか言う輩もいますが、確かに作れるかもしれませんが、ぼくは生きている間に同じレベルのものを作れる気がしません。

ぼく個人は模型制作は素人かつ初心者でしかないのですが、組み立てるという趣味においては譲れない出来を求めるところがあります。

古くは実車、RC、最近では自転車とありますが、安全性は当たり前ですがネジ締めるにも必要なトルクで組むことであり、動作するのはもちろんのことよりスムーズに無駄がない動きにするこだわりみたいなものがあります。
時間が経ったら分解する。とかもないですね。

ただそこは素人なので繰り返しトライアンドエラーで経験を積んできたからこそ出来る芸当であると思ってます。

その経験を無視して、すぐ作業できるんだろとか言う奴はくt
少し嫌なことを思い出してしまいました。

とても脱線してしまいました。
ご厚意で制作いただいたA-5カッターマットサイズ工作台ですが、飾るつもりはありません。
大切に使い倒したいと思います。

ほんとうにありがとうございました。

まずは、昨年から積んであるプラモデルの箱を開けたいと思います(汗

つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も
もしよろしければRSS リーダーの登録をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

-プラモデル
-

執筆者:


  1. 虎の咆吼 より:

    おそらく、箱根細工のからくり箱のように隙のない緻密な作りなのでしょう。
    自分の満足いく良いもの、というのはそうそう見つかるものではないですね。
    まして、人が何と言おうといいものはいい、と言い切れるものは、尚更。

    そこでaffordableか否か(要は財力に見合うか)という最大のプレッシャーが働くと、凡人な私などは、専門誌やらの評価や何らかの外部ベンチマークを気にしていたり、権威に弱いことを折に触れ思い知ります。購入するにしても、しないにしてもjustification(行為の正当化)をどこか権威に頼って行っているのです。

    人によっては、判断根拠は、口コミだったり、信用できる筋の知人だったり、それはまあいろいろあるでしょうが。。。

    年を重ねるにつれ、豪快に気絶もできなくなりましたなぁ TT

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ