FlickStep.Net

iPhoneとかMacとかマラソンとかトレランとかつけめん!?とか

自転車

そういえば Continental GP5000 25Cとtuboliteを手に入れました(意に反して

投稿日:

IMG 2920

厳密に言えば、そういえば Fulcrum RACING ZERO CARBON を購入しました②の続きになります…

いつかは使うつもりだった組み合わせではあるのですがこんなに早く導入しなければならないとは…

RACING ZERO CARBONにGP4000SⅡ25Cを組み合わせてトラブルが発生してしまったのです。

 

 

 

 

 

 

IMG 2914

長らく大きなフルモデルチェンジなく息が長かったGP4000シリーズもGP5000へと。

 

 

IMG 2913

ちょっと重いのかな…

 

 

IMG 2912

先ほどのはたまたまだったのかむしろ軽い。

 

 

IMG 2887

時を戻して、
前回RACING ZERO CARBONにGP4000S2を組み込んだ。というのを書きました。

いまいちタイヤのブランドとモデル名の位置がずれてるというのは置いておいて。

乗り心地とか色々書けばいいんだけどそれ以上に???な状況が起こっていてほんとそれどころじゃなくて途中で引き返しました。

 

IMG 2895

こちらはフロントなのですが、リアタイヤがシュータッチしているような音がずーっとしていたり。

ブレーキを確認してもシュータッチするような位置にないし、振れてもいないし?

自転車持ち上げてタイヤを空転させるとやはりカシュカシュとタイヤが当たっている音がする…

 

 

IMG 2896

フレームを持ち上げてホイールを空転させると、タイヤがブレーキの取り付け軸の部分に当たってました。
画像を見ると隙間があるように見えますが、乗ればフレームもたわみますししっかりあたってしまいます。

いったいなにが起きてるんだ…

ぼくのRIDLEY HELIUMは2015年式で2014年式とはカラーリングのみ違うくらいで2016年までは同形状のはず…

 

 

スクリーンショット 2019 07 14 15 37 16

https://www.ridley-bikes.com/wp-content/uploads/2019/04/Helium-2011-2016.pdf

…25㎜までいけるし、最大28㎜もいけるさ。けど、実際にはクリアランスを確認してね。(意訳)

いけてない。28㎜までいけるかもしれないのであれば、25㎜とか問題にならないのでは。

と、思うのですがそうは問屋が卸さないのは知ってた。
ちょっとタイヤの幅を測ってみよう。

■GP4000SⅡ 25C
幅   :28.16㎜
高   :53.58㎜(ホイール込み)
空気圧 :7.0kgf/cm² 

…GP4000SⅡで23Cが25㎜を超える幅になるというのは知ってたんですが、そうですよね…高さも膨張しますよね(汗

それにしても25Cだとしっかり28㎜という幅になるのか。

GP5000になってもこの傾向が続いているのかというとそうでもないというのは色んな情報から知ってました。
たとえ幅が28㎜でもクリアランスの確保が可能であるのは目算でも問題ないと判断できてた。

けど、高さ方向のクリアランスがまったく確保できないとは思ってもみなかったし想定もしてなかった…

 

 

IMG 2919

ただたんに異音が発生している。だけではなくタイヤが接触しているというあかん事象なので素直に対策をしないといけない。

フレーム変えるか…

お酒が入った状態でさらに眠くなってきているような時間に考えるようなことではなかったですが、某サイトでセールなんてやっていたのでポチる寸前までいった。

まだ慌てる時間じゃない。と誰かがささやいた気がするのでポチるのは諦め(実際にはそのまま移植するのはさらに出費が発生することに気がついたから)、タイヤ大きいのであれば、小さいのを履けばいいじゃね。ということでまたタイヤを購入。

タイヤばかり3セット目では…

幅が仕様通りになっているという話のGP5000を購入し、チューブはそのまま再利用をと思ったのですがどうせならということでここでも新パーツ導入。

 

 

IMG 2918

ここ一年くらいでしょうか。話題になっていたtubolitoを購入。

さきほど以前67gが充分軽い云々言ってた数値を軽く凌駕する公式38g
さらに28㎜まで対応とか(EXTENZAは25㎜まで)

 

 

IMG 2911

2gくらい誤差です。
しかしタイヤ円周上での20gは効くはず。

 

 

IMG 2910

通常バルブは金属でネジが切ってありますが、こちらは樹脂のままで先だけバルブコアが埋め込まれてます。

tuboliteは触った感触はゴムというよりプラスチックというかツルツルとした手触りになります。
これ伸びるの??とか思います。
※実際違うタイヤへの使い回しは考慮されてないようです。

手触りから固いと思ってしまうのですが、ブチルチューブよりも柔らかく変形量も多いのが特徴のようです。

レースで使うひとがブチルチューブではなくラテックスチューブを使うのと同じで変形量が多いと言うことはチューブ内に入る空気の量が多くなる。ということはラテックスチューブと同様に転がりが云々。

知らんけど。

 

 

IMG 2925

フロント組み直しました。
GP4000SⅡより柔らかく感じますし、トレッド面のゴムの質感もずいぶん違います。
ゴムそのものが柔らかく、なんかぬめっとした感じに。

 

 

IMG 2924

バルブ側に商品名ロゴがあるのですが、5000しか見えません。
5000の左側にGradPrixとかグレーでレタリングされてるんですけど見えないよ。

 

 

IMG 2923

バルブに相対する位置にメーカーロゴなのですが、やはりズレますね…

■GP5000 25C
幅   :25.94㎜
高   :53.10㎜(ホイール込み)
空気圧 :7.0kgf/cm²

さて一番心配していたタイヤ幅と高さですが、幅こそ正しく姿に戻ったのですが、高さはいいとこ0.5㎜しか小さくなってません…

 

 

 

IMG 2935

リアも組み直しました。
※重量計測し忘れた…

 

 

 

IMG 3058

しかしこれだとまだ接触するかもしれない。空気圧ももう少し入れたい…

 

 

つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も
もしよろしければRSS リーダーの登録をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

-自転車
-, ,

執筆者:


  1. 虎の咆吼 より:

    ご苦労されているご様子。

    「最大リム幅28mm、幅25mm以内のタイヤを推奨。メーカにより(弊社と)同一計測基準によるとは限らないため、組立実装による確認を推奨する。」

    リム幅とタイヤ幅。リムの方がハブに近い分、若干寸が大きくても大丈夫と言うことか ?
    タイヤ幅(width)って、総幅ってやつで、リムからの外径側への高さじゃないよねぇ。。。
    当たっている所って、外径側のような気がしますけど。

    7.1. FORK
    The fork is developed for 700C race wheels with a build in width of 100 mm and a quick release system with a maximum diameter of 9 mm.

    取付幅100mmの700C競技用ホイール「及び最大径9mmのクイックリリースシステム
    」にまさかの落とし穴はないですか。

    詳しいことは知らないので、スペックの文言をなぞっているだけですが。。。

  2. たくのすけ より:

    まいどさんです!
    お元気ですか!?

    自転車のタイヤで高さ(車で言う扁平率みたいな)仕様てないみたいで、28インチのタイヤで幅が○○㎜としかなくて。
    高さはまったく気にしてませんでした…

    クイックの話は、こうやって書いてあるとややこしく感じますが、ディスクブレーキで使用するホイールのクイックリリース(スルーアクスル)は径が複数存在していて、リムブレーキホイールで使用できるのは9㎜のクイックだけだよ。とあえて書いてるだけですね。
    フォークの項目で書いてあるので、ハブは100㎜(フロント)で9㎜クイックしか使えないよ!という注意書きですね…
    700Cより一回り小さい650Cというのもあって、そちらでは使えないフォークだよて言いたいのだと思うです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そういえば Continental GP5000 25Cとtuboliteを手に入れました②

やっと試走できた。往復48㎞くらいですけど。 つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろしければR …

そういえば ZIPP SL SPLINT STEM 90㎜ 12°に交換しました。

ステムは以前から交換したいと思っていたのですが、これというのがなく伸ばし伸ばしにしてました。         つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れ …

そういえば Parktool PRS-22.2 TEAM ISSUE REPAIR STAND を手に入れました。

もっと早く購入するんだった…       つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろし …

そういえばサドルバッグを準備しました。 ORTLIEB MICRO TWO 0.8ℓ

サドルバッグ運用は避けたいと思っていたのですが、ボトル2本持ってないと補充もままならないので。             つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブ …

no image

ロードバイクをいじくってみよう チェーンを洗ってみた ParkTool CYCLONE CM-5.2

確か購入したのは1年以上前な気がする…   つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろ …

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ