FlickStep.Net

iPhoneとかMacとかマラソンとかトレランとかつけめん!?とか

ENVE 自転車

番組の途中ですがハンドル換えました。ENVE COMPACT BAR + OGK BarTape BT-06

投稿日:

UNADJUSTEDNONRAW

初ENVE

 

 

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

だからどうした。ということもないですが、元々はサイズ確認の目安にfi’zi:kのハンドルを使っていたのですが、ちょっとした不満から取り替えてみたいと思っていました。

センター部分と、レバー取り付け部分は滑り止め加工されてます。

現在、ENVEにはエアロタイプではない標準形状のものが、STANDARDとCOMPACTの2種類があり、それぞれ幅が3種類(C400/420/440)で用意されてます。

STANDARD :Drop 144㎜ Reach 85㎜
COMPACT  :Drop 127㎜ Reach 79㎜

寸法的にも一般的なハンドル形状だと思います。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

取り付け位置の目安などのラインは特に表示はないです。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

レバー取り付け位置が以前のハンドルより上部になっている。
リーチやドロップは3㎜ほど大きくなっている。

幅はC(センター)380㎜から400㎜なので、やっぱり広くなった感じはする。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

ENVE独特だと思いますが、バーエンドが細くなってます。

…バーエンドの部品取り寄せていたのに使えない…

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

バーエンド2個6gも合わせて217g。
以前のハンドルはアルミ製ということもあり240g以上でした。

そう今回はカーボン製です。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

実は一番ハンドルを交換したかった理由が、このケーブルに逃げです。
fi’zi:kのハンドルはケーブルの逃げが一切なかったのです。

ENVEのバーは、ブレーキケーブル避けが前側、シフトケーブル避けが後ろ側にあります。
バーの下寄りに逃げがあるのでより手に触れ難い場所にあります。

eTAPなのでもちろんケーブルはブーレーキ用一本しかない。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

曲がる部分は隙間出てしまいますね。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW

プラスチックテープで固定してしまいます。
これだけしっかり逃げていればバーテープだけで巻いてしまうのでも良いのかも知れません。

 

 

 

IMG

バーテープ巻いてみました。

SUPACAZのバーテープ気に入っていたのですが、お値段高いのと伸びがないので巻きづらくて今回は別のを試してみました。

OGK Kabuto BT-06

一般的なバーテープは2.5㎜厚かと思いますが、こちらは0.7㎜厚
かなり薄いです。

大阪来てロードバイク復帰してからは淀川近辺を走っています。
先日やっとなにわ自転車道をほぼ全ルート走ってきました。
往復40㎞くらいです。

ほぼなのは、スタート地点が途中からなのと、終点地点手前でUターンして戻ってきたから…

淀川と神崎川河川敷を通るコースですが、お世辞にも路面が良い訳ではないので(特に神崎川)、手が痺れるのです。

SYPACAZは厚みもしっかりあるのでクッション性はよかったと思いますが、グローブにもパッドは入ってはいてもかなり薄めなので振動があまり吸収できていないのかなと。

ということで、ENVE Bar Road Compactで先のなにわ自転車道を走ってきました。
幅が広くなったことによる違和感はすぐなれる程度です。
ぼくの体格であれば400㎜よりは380㎜でこと足りるとは思うのですが、設定がないのです…

走り出してすぐ感じるのはなんかハンドルが柔らかい。
ぐにゃぐにゃしてるとかではなくて、地面からの突き上げ感がずいぶん少ない。
カーボン製ハンドルは衝撃吸収が云々という話がありますが、眉唾だと思ってました。
ロードに復帰してからまだ腹筋背筋で上半身が支えられていなくて、どうしてもハンドルに体重を掛けてしまっていて余計に手に負担が掛かっています。

そんな状態だったのでしばらく走っていると手が痺れてきて、帰る頃にはどうしてもそのしびれが取れずハンドルに手を乗せるのが嫌になってきたりしてました。

痺れそのものがなくなったとはいいませんが、ハンドルから手を離せば痺れが残ることもなくたんたんと走れました。
むしろしんどいのは向かい風…

なるほど、これなら長距離ライドでの負担もかなり軽減されるというのがよくわかりました。
今回はバーテープを極めて薄いOGK Kabuto BT-06にしているのに、以前よりも楽に走れるというのは、カーボン製ハンドルにおかげだと思ってます。

ハンドルというのは一番自転車で体が触れる部分で、ここの善し悪しが快適に走れるかどうかが決まってくると思います。

どのメーカーでもアルミ製に比べるとお値段は軽く3倍近くしたりしますが、ここはケチることないと。
UCIルールも変更になってエアロ形状のハンドルバーもより挑戦的になってきているので、この辺も含めて検討するのもよいかと思います。

OGK Kabuto BT-06ですが、確かに薄い(通常の半分以下)ですが、きっちり握れるので大変よいと思います。
滑りやすいバーテープは、それだけでストレスになり疲れます。
車のハンドルも同じですね。

表面はこのままで多少厚みがあるタイプが出てくれるとそちらを使ってみたいなと思ったり。
SUPACAZももう少し薄いと個人的にはベストだったり。

今度こそなにわ自転車道の終点まで行こう…

 

 

 

つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も
もしよろしければRSS リーダーの登録をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

-ENVE, 自転車
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクをいじくってみよう 10速化への道⑤ SHIMANO FC-5750 ホローテックⅡ コンパクトクランク SM-BB5700

さて、今度はBBとクランクを取り付けよう♪ つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろしければRS …

no image

ロードバイクをいじくってみよう SRAM RED化 ④ RED2012 Double Tap 番組の途中ですが壊れました。

せっかく修理したところがもげました。 つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろしければRSS リ …

ロードバイクをいじくってみよう 10速化への道⑦ ケーブル処理 バーテープ巻いて完成

工具をきちんと揃えてから作業を始めましょうw つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろしければR …

no image

ロードバイクをいじくってみよう 簡単な泥よけはいかかですか?SMARTASS ASS SAVERS

どっかのサイトで見て、欲しいなぁと思ってたら見つけました(ΦωΦ) つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方 …

ロードバイクをいじくってみよう 10速化への道⑨ 追加 フロントディレーラー FD5700-F-L の取り付け

結局フロントディレーラーを取り付けることに。     つたないブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます! 初めて当ブログに訪れた方も、何度か当ブログにお越し頂いている方も もしよろし …

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ